社外EAPのサービス

メンタルヘルスとは? Top >  EAP(従業員支援プログラム) >  社外EAPのサービス

社外EAPのサービス

スポンサードリンク

 EAP(Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)のサービス内容は、サービス提供事業者(プロバイダー)によって若干の違いはありますが、社内への導入から運用、そして社内対策に至るまでの総合的な支援を受けることができます。EAPサービス内容の主なものとしては、以下のようなものがあげられます。


 ストレスチェックなどによる「心の健康診断」を実施し、
  個人のストレス状況や職場のストレス要因を明確化

 電話やメールによる相談

 カウンセリングと、必要に応じて適切な医療機関の紹介

 職場の管理監督者や、社内の推進担当者に対するサポートとコンサルティング

 各種研修の実施(職場向け、一般職員向け、管理監督者向け教育研修)

 メンタルヘルスに関わる最近の動向や法改正などの情報提供

 精神科専門の産業医がいない企業に、定期的に医師を顧問として派遣

 休職復職支援


 相談やカウンセリングにあたっては、精神科医をはじめ、臨床心理士や産業カウンセラー、精神保険福祉士などの専門資格を持っている専門職が担当します。

 対象とする相談は、従業員の個人的な問題から仕事に関わる問題まで、多種多様な内容を守備範囲としており、従業員本人はもとより、その家族も基本的には、無料で相談を受けることができます(例えば年間○回までとし、それ以上の相談については実費を個人負担としているところが多い)。当然のことながら、プライバシーの保護は確実に守られます。

         

EAP(従業員支援プログラム)

近年、職場のメンタルヘルス対策の一つとしてEAP(従業員支援プログラム)が注目を集めています。
EAPはメンタルヘルス対策だけに限定されない、企業と従業員へのトータルサポートシステムです。

関連エントリー

EAPとは 日本のEAPの現状 社外EAPのサービス 社外EAPのメリット