社外EAPのメリット

メンタルヘルスとは? Top >  EAP(従業員支援プログラム) >  社外EAPのメリット

社外EAPのメリット

スポンサードリンク

 EAPを導入する最大のメリットは、費用対効果の高さであるといわれています。たとえば、企業の中に精神科医や臨床心理士などの専門職を抱えようとすると、ある程度の予算の確保が必要となります。メンタルヘルス対策をアウトソーシングで社外に委託すれば、一連のサービスの一環で、これらの専門職を派遣するという項目が含まれています。

 そのほか、企業側のメリットとしては、

 メンタルヘルス対策の大部分を外注化することによって、本来のコア業務に集中できる

 特に部下を管理する側の上司(管理監督者)や社内の推進担当者にとって、
  外部の相談先を確保できることが心強い

 健康診断からメンタルヘルス不全の予防支援、休職復職支援に至るまで総合的な
  メンタルヘルスケアの支援を受けることができる

 font color="#4682B4">■発生した問題の内容に応じて、それに問題に精通している
  専門家からアドバイスを受けることができる

 予算に応じて、サービスの組み合わせ、アレンジが可能である。支援を
  受けたい部分にコストを集中させることができる

 社内に相談窓口を設置するよりも、社外EAPの方が従業員にとって使いやすい

 などが挙げられます。


 一方、従業員の立場からしてみると、

 プライバシー保護の確実さから、安心して相談できる

 本人の問題だけではなく、家族の問題も相談できる

 会社の契約なので、従業員は基本的に無料で利用できる

 EAPは医療機関ではないため、利用する際の心理的抵抗が低い

 などといったメリットがあると考えられます。

 企業における予算の確保においては、福利厚生費や健康管理費、組合費を充てているところが多いようです。


         

EAP(従業員支援プログラム)

近年、職場のメンタルヘルス対策の一つとしてEAP(従業員支援プログラム)が注目を集めています。
EAPはメンタルヘルス対策だけに限定されない、企業と従業員へのトータルサポートシステムです。

関連エントリー

EAPとは 日本のEAPの現状 社外EAPのサービス 社外EAPのメリット