復職後の対応

メンタルヘルスとは? Top >  企業・職場の対策 >  復職後の対応

復職後の対応

スポンサードリンク

 メンタルヘルス不全で休職していた人が復職した後、本人への対応で注意すべきポイントを、以下にまとめました。大切なことは、本人が決して完治したわけではなく、元の状態に戻ったわけではないことを職場のメンバー全員が理解しておくことです。

受診の機会を保障する
  うつ病の完治には、場合によっては年単位の日数が必要なこともあります。治療が
 中途半端にならないよう、定期的な通院・受診の機会を確保できるよう配慮することが大切
 です。調子がよくなれば、自己判断で通院しなくなる人が多くいます。どこまでの期間、
 治療を継続するかは主治医が決めることです。再発を防ぐためには、医師の指示に従っ
 て薬物療法を続けることが大切です。通院することと、薬を飲むことは業務命令として
 本人に伝える必要があるかもしれません。


時間管理を徹底する
  職場復帰後、少なくとも半年間くらいは残業をさせないことが大切です。定時に出社
 し定時に退社することを徹底し、生活リズムを乱さないよう配慮する必要があります。


定期的に面談の機会を設ける
  休職中に本人との対応で窓口となった上司、総務部門、そして産業保健スタッフは、
 本人が復職後も連携を図り、組織的にサポートする必要があります。上司は本人と
 定期的に話し合いの場を設けることが大切です。復職後、一週間、一ヶ月、三ヶ月、
 半年、一年、といった具合に節目ごとに面談し、本人の状態を確認します。
 その内容によっては業務内容を調整することも求められます。


普通に接する
  復職後の本人への接し方においては、腫れ物に触るように過度に気を遣わないこと、
 つまり普通に接することが望ましいといえます。そして、激励しないことが大切です。

         

企業・職場の対策

働く人たちのメンタルヘルスの悪化が指摘されている昨今、日本の企業はどの程度、対策に取り組んでいるのでしょうか。
メンタルヘルス対策に取り組んでいる企業は、全体の3割にも満たないというのが実態です。

関連エントリー

メンタルヘルス対策 予防(一次予防) 早期発見(二次予防) 早期治療(二次予防) 復職・職場復帰に向けて(休職時の連携・連絡について) 復職・職場復帰に向けて(まずは社会復帰を目ざして) 復職・職場復帰に向けて(快復・復職の判断について) 復職・職場復帰に向けて(職場復帰支援プログラムについて) 復職後の対応 再発予防(三次予防)