ラインによるケア

メンタルヘルスとは? Top >  厚生労働省の指針 >  ラインによるケア

ラインによるケア

スポンサードリンク

 「ラインによるケア」とは、管理監督者、つまり上司が、部下の心の健康づくり対策のために行う活動のこといいます。

 上司は部下の労働時間や仕事の質や量をチェックし、職場での人間関係が円満に維持されているかどうかなども常に把握するよう努めなければなりません。部下がストレスをためていなか、またそのストレスにきちんと対処しているかどうかを見極め、心身ともに健康で、仕事が円滑になされるよう管理・指導すること、心身の健康に配慮することが求められます。

 そのためには、上司が部下の仕事内容を的確に把握し、勤怠管理をきちんと行なうことはもちろんのこと、部下からの不満や、抱えているストレス、仕事に対する意欲や気力などについて傾聴する時間を確保することが重要です。

 これは、「ラインカウンセリング」といわれるもので、上司は部下の話しに耳を傾けて、適切な支援(職場環境の把握と改善など)をできるよう対応力を備えていなければなりません。部下からの信頼を得ていくには、この能力は不可欠なものです。この能力は「傾聴訓練」(別名「リスナー訓練」と呼ばれる)というものによって獲得することも可能です。

 事業者は、管理監督者が部下に対して適切な支援ができるように、ラインケアに関する教育研修や情報提供を行なうこととされています。

 この教育研修や情報提供には以下のものが含まれます。

 ・メンタルヘルスケアに関する事業場の方針
 ・職場でメンタルヘルスケアを行う意義
 ・ストレスやメンタルヘルスケアに関する基礎知識
 ・管理監督者の役割、心の健康問題に対する正しい態度
 ・職場環境等の評価、改善の方法
 ・労働者からの相談対応(話の聴き方、情報提供・助言の方法)
 ・メンタルヘルス不全によって休職した者の職場復帰支援方法
 ・事業場内産業保健スタッフとの連携方法
 ・事業場外資源との連携方法
 ・セルフケアの方法
 ・事業場内の相談先、事業場外資源に関する情報
 ・労働者の個人情報の保護

         

厚生労働省の指針

メンタルヘルスケアの実施方法について定めたものに、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(厚生労働省策定)があります。

このメンタルヘルス指針の内容ついて、各エントリーで触れていきます。

関連エントリー

厚生労働省の指針とは 心の健康づくり計画 メンタルヘルスケアの具体的実施方法 セルフケア ラインによるケア 事業場内産業保健スタッフによるケア 事業場外資源によるケア