事業場内産業保健スタッフによるケア

メンタルヘルスとは? Top >  厚生労働省の指針 >  事業場内産業保健スタッフによるケア

事業場内産業保健スタッフによるケア

スポンサードリンク

 メンタルヘルス指針における「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」とは、産業医、衛生管理者、保健師、心の健康づくり専門スタッフ(心理相談担当者、産業カウンセラー、臨床心理士、精神科医、心療内科医など)、人事労務管理担当者などが、労働者の心の健康づくり対策のために行う活動のことを指し、「セルフケア」および「ラインによるケア」が効果的に実施されるよう、労働者と管理監督者を支援します。

 事業場内産業保健スタッフ等の役割は以下のとおりです。

 ◆産業医
   ・専門的立場から対策の実施状況の把握、助言・指導を行う。
   ・必要に応じて、事業場外資源とのネットワーク形成や窓口となる。
   ・長時間労働者に対する面接指導の実施、メンタルヘルスに関する個人情報
    の保護について、中心的な役割を果たす。

 ◆衛生管理者
   ・教育研修の企画と実施、相談体制づくりを行う。

 ◆保健師
   ・労働者と管理監督者からの相談対応などを行う。

 ◆心の健康づくり専門スタッフ
   ・教育研修の企画と実施、相談対応などを行う

 ◆人事労務管理担当者
   ・労働時間等の労働条件の改善、労働者の適正配置に配慮する。


 以上のように、各スタッフが期待されている専門性を発揮し連携を図ることで、心の健康づくり計画の策定において中心的な役割を果たすことを求められています。

 そして、これらのスタッフがメンタルヘルスケアを促進するためには、当然のことながら事業者は各スタッフの職務に応じた教育研修(メンタルヘルスケアの基礎知識、産業保健スタッフ等の役割、職場環境の評価・改善の方法、労働者からの話の聴き方、職場指導の方法など)の機会を与えたり、情報提供を行うなど、必要な支援を行わなければなりません。

         

厚生労働省の指針

メンタルヘルスケアの実施方法について定めたものに、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」(厚生労働省策定)があります。

このメンタルヘルス指針の内容ついて、各エントリーで触れていきます。

関連エントリー

厚生労働省の指針とは 心の健康づくり計画 メンタルヘルスケアの具体的実施方法 セルフケア ラインによるケア 事業場内産業保健スタッフによるケア 事業場外資源によるケア