ストレスのサイン

メンタルヘルスとは? Top >  ストレス >  ストレスのサイン

ストレスのサイン

スポンサードリンク

 ストレスが発散できずに蓄積してくると、身体や脳、心の働きに影響を与え、何らかのサインを出してきます。それは、「行動面」「身体面」「心理面」にサインとしてあらわれてきます。

【行動面】
   ストレスのサインが行動として現れてきます。例えば、過食・拒食・喫煙・飲酒・
  暴力・多弁・買い物やギャンブルなどへの依存があります。

   職場や仕事上では、遅刻や欠勤が多くなってきたり、些細なミスやエラーが目立って
  くるようになります。

【身体面】
   ストレスが高じてくると、心・精神面でのひずみが身体面に反応として現れてきます。

   例えば、「眠れない」とか、「疲れやすい」といった症状がみられてきます。一般的に
  負けず嫌いの人や自己顕示欲の強い人は、ストレスが身体面にあらわれやすいと言われて
  います。

【心理面】
   心理的なストレス反応は、脳の機能が乱れることによって現れてきます。

   例えば、集中力や判断力の低下、焦燥感、無力感、絶望感、パニック症状、自己嫌悪、
  喪失感、憤り、不満や恐れ、心配などがあります。

   どんな健全な人でも心理的なストレスがあれば、否定的な感情が湧くことは自然なこと
  です。だだし、数週間にわたってそのような状態が続く場合は、何らかの対処が必要とさ
  れます。

   葛藤の強い人、抑圧や抑制の強いパーソナリティ傾向のある人は、心理面に現れやすい
  と言われています。

 ストレスが、こういった様々な面にサインとして現れてくるこを理解していると、自分自身のストレス状態に気づくことの一助になります。また逆に、周囲の人がこのようなサインに気づいてあげれることで、精神疾患へと発展することを阻止することもできます。

 情報化社会・競争社会である今日、人と人とのコミュニケーションの機会が少くなり、結びつきが希薄なっているといわれていますが、自分自身だけでなく同僚や後輩、部下などのちょっとした変化を気に留める余裕が、職場の健全なメンタルヘルスを維持していくことにつながっていきます。

         

ストレス

過剰なストレスを放置していると、心身に様々なサインとなって現れてきます。
ストレスとなるものを完全に排除することは困難ですが、ストレス要因に気づき、適切な対処方法を獲得することは可能なのです。

関連エントリー

ストレスとは ストレスのサイン ストレッサー(ストレス要因)とは