ストレッサー(ストレス要因)とは

メンタルヘルスとは? Top >  ストレス >  ストレッサー(ストレス要因)とは

ストレッサー(ストレス要因)とは

スポンサードリンク

 ストレスの原因となるストレッサー(ストレス要因)は、物理的、生物的、化学的、精神的なもの4つに分類できます。

 物理的ストレッサーとは、気温や天候、騒音などの環境的なものをさし、生物的ストレッサーには、病原菌の侵入、過労、栄養不足などがあげられます。また、化学的ストレッサーは、薬物などをさし、そして精神的ストレッサーは、人間関係など精神的苦痛になるものとされています。

 このうち精神的ストレッサー以外のものは、対応方法がほぼ明確になっており、対処することが容易といえます。一番厄介なのが、精神的ストレッサーです。人によって、何が精神的な苦痛となるのかが様々であり、その対処方法もまちまちです。うつ病などの精神疾患の原因となるストレスも、殆どの場合、この精神的ストレッサーが発症の背景にあります。

 それでは、労働ストレスを生むストレッサーには、どのようなものがあるのでしょうか。具体的な職業上のストレッサーを以下に示します。


 ■温度・湿度・騒音・汚染などの作業環境

 ■労働時間や交代性勤務、深夜勤務などの労働条件

 ■単調であったり、逆に負荷が大きいなどの労働の質

 ■コンピュータやIT機器などの導入によるテクノストレス

 ■転勤や配置転換(長期出張、単身赴任を含む)などの職場の異動

 ■昇進や降格などの身分の変化

 ■上司や同僚等との人間関係

 ■いじめやいびりなどの言葉の暴力、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメント
  など、病的な労務管理のあり方

 ■責任の曖昧さや指示の不明確さ、不適切さなどの労働の役割

 ■成果主義賃金などの賃金体系 

 ■解雇や雇用の不安定さなどの将来に対する不安


 これらのなかで今日的に増えてきていると考えられるのは、労働時間や交代勤務、転勤や配置転換、上司との人間関係、将来に対する不安に伴うストレス、といわれています。

         

ストレス

過剰なストレスを放置していると、心身に様々なサインとなって現れてきます。
ストレスとなるものを完全に排除することは困難ですが、ストレス要因に気づき、適切な対処方法を獲得することは可能なのです。

関連エントリー

ストレスとは ストレスのサイン ストレッサー(ストレス要因)とは