ストレスと慢性頭痛

メンタルヘルスとは? Top >  ストレスと心身症の関係 >  ストレスと慢性頭痛

ストレスと慢性頭痛

スポンサードリンク

 頭痛と一括りにいっても、その原因や症状は様々です。ここでは頭痛の大半を占める「慢性頭痛」について触れます。慢性頭痛は反復して起こる頭痛であり、原因のはっきりしないものも多く、ストレスと関係が深いともいわれています。これに対し、脳出血、脳腫瘍、くも膜下出血など脳の病気を原因とした「症状性頭痛」と呼ばれるものがあり、慢性頭痛とは区別して扱われます。この症状性頭痛は激しい痛みを伴い、命にかかわる場合があります。

 慢性頭痛には幾つかのタイプがあり、その主なものは「偏頭痛」と「筋緊張性頭痛」と呼ばれている頭痛です。

 このうち筋緊張性頭痛が慢性頭痛の4割以上を占めているといわれています。この頭痛は肩や頭の筋肉のこりによって起こるもので、同時に肩こりを伴うことが多いとされています。同じ姿勢を強いられるデスクワークの比重が高いビジネスパーソンにも多く認められ、このような業務上の姿勢が筋肉の緊張をもたらしている主原因となっています。筋肉の緊張により血行が阻害されて(血管が収縮)、疲労物質が蓄積し、痛みとして自覚されるようになります。つまり、身体的なストレスを主とし、そこに精神的なストレスが加わることが、筋緊張性頭痛が起こる背景にあるといえます。

 したがって、症状の緩和には、適度な休憩を取り入れることはもちろんのこと、入浴やマッサージ、軽いストレッチ体操の習慣を導入することによって心身のストレスを解放してやり、疲労を翌日に持ち越さないことが大切になります。それでも症状の改善がみられない場合は、。心療内科等の医療機関を受診することが必要になります。

 一方、偏頭痛は、頭の片側あるいは両側に、脈を打つようなズキズキした痛みがあり、ときには吐き気を伴う頭痛です。そのような痛みが1ないし2時間続き、次第に消失します。これが繰り返し起こります。偏頭痛は、女性に多くみられる慢性頭痛の一種で、原因は未だはっきしとしたことがわかりませんが、ストレスやホルモン分泌が乱れることによって脳の血管が拡張し、その際に周囲の神経が引っ張られることによって痛みが生じると考えられています。

 対処方法としては、規則正しい生活を送ることによって自律神経のバランスを整えたり、鎮痛薬を服用したり、こめかみなどを圧迫することでも幾分痛みが軽減することがあります

         

ストレスと心身症の関係

心身症は、身体病のなかで発症や経過にストレスが関与しているもので、多種多様な病気があります。
心心身症はストレス病とも呼ばれているように、治療には心理的・社会的ストレスの低減や対処が必要です。

関連エントリー

ストレスと心身症 ストレスと糖尿病 ストレスと過敏性腸症候群 ストレスと慢性頭痛 ストレスと胃・十二指腸潰瘍 ストレスと神経性胃炎(NUD) ストレスと過呼吸(過換気症候群)