ストレスと神経性胃炎(NUD)

メンタルヘルスとは? Top >  ストレスと心身症の関係 >  ストレスと神経性胃炎(NUD)

ストレスと神経性胃炎(NUD)

スポンサードリンク

 一般的に「胃炎」とは、胃の粘膜に炎症を起こした状態をいいます。そして、胃炎を大まかに分類すると、「急性胃炎」「慢性胃炎」「神経性胃炎」に分けられます。

 このうち、「神経性胃炎」は胃炎と同様に、胸やけ、むかつき、腹部膨満感や痛みなど、慢性的な胃の不調が症状として現れる心身症のひとつです。胃炎と同様の症状があるにもかかわらず、内視鏡等で検査しても、出血や潰瘍などの異常が認められない場合は、「急性胃炎」や「慢性胃炎」とは別に、神経性胃炎と診断されます。

 神経性胃炎は、胃神経症とか、NUD(non-ulcer dispepsia:上腹部不定愁訴、機能性ディスペプシア)とも呼ばれています。

 神経性胃炎の発症のは、過度のストレスの蓄積が関与しており、同時に「うつ病」などの精神疾患を伴っていることも多いといわれています。したがって、胃の不快感と同時に、不眠や倦怠感などの症状も認められる場合は「神経性胃炎」が強く疑われます。

 ストレスが原因で自律神経のバランスが崩れ、交感神経が昂ぶった状態が持続すると、胃の血流が悪くなって胃粘膜の抵抗力が弱まります。さらに胃自体の運動も低下するので、食欲不振や消化不良など胃炎に症状もあらわれてきます。これが、神経性胃炎の発症メカニズムとされています。

 治療法としては、精神の安定を図ることを目的に、気持ちを落ち着かせる薬(精神安定剤)の投与や、
健胃剤、消化剤、制酸剤などの消化管運動機能を整える薬が投与されます。また同時に、ストレス要因を明確にして、その軽減・解消へ着手すること、さらには暴飲暴食など生活習慣に改める点がある場合には、その改善に努めることも大切になってきます。

         

ストレスと心身症の関係

心身症は、身体病のなかで発症や経過にストレスが関与しているもので、多種多様な病気があります。
心心身症はストレス病とも呼ばれているように、治療には心理的・社会的ストレスの低減や対処が必要です。

関連エントリー

ストレスと心身症 ストレスと糖尿病 ストレスと過敏性腸症候群 ストレスと慢性頭痛 ストレスと胃・十二指腸潰瘍 ストレスと神経性胃炎(NUD) ストレスと過呼吸(過換気症候群)