ストレスと過呼吸(過換気症候群)

メンタルヘルスとは? Top >  ストレスと心身症の関係 >  ストレスと過呼吸(過換気症候群)

ストレスと過呼吸(過換気症候群)

スポンサードリンク

 過呼吸(過換気症候群)とは、心理的なストレスなどが原因で換気(呼吸)が過多になり、手足や口の周囲の痺れ、頭痛や動悸、めまい、呼吸困難、失神など、「てんかん」によく似た症状を起こすものです。このような状態は、過度の不安や緊張、運動直後などにも見られることがあります。

 本人は呼吸をしているですが、空気が吸い込めないと感じてしまうため、死の恐怖にかられることも少ないようです。その結果、「また起こったらどうしよう」という予期不安が生じ、外出できなくなるなど社会生活に支障をきたしてしまう場合があります。しかし、実際には、過呼吸で死に至ることはありません。

 過呼吸は男性よりも女性に多くみられ、10代から20代の若者に多いのが特徴です。また性格的には几帳面な人、不安を感じやすい人に多くみられるようです。

 過呼吸によって現れる症状は、呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎる状態になることにより、二酸化炭素の排出が必要量を越え、その結果、血液中の二酸化炭素が少なくなって起こります。このとき、血液のPHは上昇し、血圧の降下、脳血流減少、心拍数の増加が認められます。

 したがって、応急処置としては、紙袋(コンビニのビニール袋でも可)などで口と鼻を覆い、その中でしばらくの間、深くゆっくりとした呼吸を繰り返します(「ペーパーバッグ法」と呼ばれています)。この際、紙袋と口の間には、少し隙間を作っておきます。こうすることで、自分の呼気を再度吸い込むことになるので、血中の二酸化炭素濃度が次第に元に戻り、症状がやわらぎます。

 ただし、過呼吸と似た症状が出現する病気はたくさんあります。実際に過呼吸かどうかは専門家の診断を仰ぐ必要があります。血中の酸素と二酸化炭素濃度を測定するなど、種々の検査を経たうえで確定されます。

         

ストレスと心身症の関係

心身症は、身体病のなかで発症や経過にストレスが関与しているもので、多種多様な病気があります。
心心身症はストレス病とも呼ばれているように、治療には心理的・社会的ストレスの低減や対処が必要です。

関連エントリー

ストレスと心身症 ストレスと糖尿病 ストレスと過敏性腸症候群 ストレスと慢性頭痛 ストレスと胃・十二指腸潰瘍 ストレスと神経性胃炎(NUD) ストレスと過呼吸(過換気症候群)