バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)

メンタルヘルスとは? Top >  ストレスと心の病の関係 >  バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)

バーンアウト症候群(燃え尽き症候群)

スポンサードリンク

 バーンアウト症候群(「燃え尽き」とか「燃え尽き症候群」とも呼ばれています)とは、例えば、大きな仕事に熱心に取り組み、一定の区切りがついた後、ある日突然に虚脱感に襲われたり、無気力な状態に陥り、仕事に取り組む意欲を著しく低下させてしまうことをいいます。一定期間の間、一途に献身的に取り組んでいたことが十分に認められなかった、または成果として結果として表れなかったときに生じる精神的かつ身体的な消耗である、といえます。

 具体的な症状としては、前述のとおり虚脱感や無気力感、無関心、不眠、イライラ感、胃腸障害、アルコールへの依存などがあります。また、人との関わりを避けるといった特徴がみられる場合もあります。

 バーンアウト症候群の特徴は、それまでのエネルギーに満ち溢れ、仕事に没頭してた姿とは、全く対照的な状態になってしまうことです。うつ病と間違われることもありますが、うつ病との違いは「自分は何をやっても駄目だ」というような自責感を持つことがないところです。ただし、バーンアウト症候群から「うつ病」に発展してまう人も少なくないといわれています。

 責任感が強く、精力的に仕事をこなす頑張り屋の人、完ぺき主義(理想主義)の人、精神力の強い人、、仕事量の多い人、などがバーンアウト症候群を起こしやすいとされており、教育・福祉・医療・介護の分野で対人援助職に就いている人に比較的多くみられる傾向にありました。しかし、最近では対人サービス業を職業としている人に関わらず、仕事一筋のビジネスパーソンや受験生、子育てを生きがいとしていた主婦、などにもバーンアウト症候群の症状が認められることがわかっています。

 バーンアウト症候群の背景には過労とストレスがあります。したがって、対策としては、適度に休養をとって心に栄養を与えることや、余裕とゆとりを持つことが何よりも求められます。また、バーンアウト症候群のことを知識として理解しておくこと、個人生活を充実させて仕事以外に息抜きできる何かを見つけることも大切です。さらに、心理カウンセリングを受けることによって、生き方の姿勢や、仕事にとりくむ姿勢を柔軟なものしていき、立ち直るきっかけを取得される人も少なくはありません。

         

ストレスと心の病の関係

ストレスを原因とする心の病は決して珍しいものではありません。
全てが業務や職場におけるストレスに起因するものではありませんが、うつ病患者だけでも日本で五百万人いると推定されています。

関連エントリー

躁うつ病(双極性障害) うつ病・うつ病性障害 適応障害 パニック障害 バーンアウト症候群(燃え尽き症候群) アルコール依存症