アルコール依存症

メンタルヘルスとは? Top >  ストレスと心の病の関係 >  アルコール依存症

アルコール依存症

スポンサードリンク

 アルコール依存症は、アルコールを摂取したときの精神的、肉体的な効果を繰り返し得たいという欲求から、次第に飲酒量と飲酒回数が増え、自らの意思で飲酒行動が制御できなくなる薬物依存症のひとつです。自分自身ではアルコールを断つことができないので、慢性・深刻化するとともに、身体的・心理的・社会的・経済的など、さまざまな面で問題を生じてくる可能性の高い病気です。

 アルコールを含め薬物依存症に特徴的なのは、禁断症状(離脱症状)があることです。アルコール依存症の禁断症状としては、不眠、手や全身の振るえ、発汗といった症状から、幻覚・幻聴、痙攣、意識混濁などに至るまで様々なものがあります。

 問題なのは、これらの不快な禁断症状を抑えるため、あるいは症状が起こるのを避けるために、アルコールに手を出さざるを得なくなる身体的な依存です。健康や他のことより何にもましてアルコールを優先してしまうため、当然仕事など職業生活に支障が生じるようになったり、人格に変化が生じるようになったり、事故を起こすようになったりという状況に陥ります。

 アルコール依存症は病気なので自然に完治するということはありません。精神科などの専門の医療機関での治療が必要となります。病識を持っている人は決して多くはないので、自ら医療機関やクリニックなどへ足を向けることは殆ど期待できないのです。「意思が弱いから」アルコール依存になるのではなく、病気であることを周囲が認識することが必要です。職場の上司や周囲の人間が適切に介入し、本人も交えて話し合って受診の機会を設定していくことが求められます。

 治療には、断酒を継続することが絶対に必要となります。そのため「断酒剤」の投与がされる場合もありますし、必要に応じて入院という手段を採らざるを得ないこともあります。それと併用して、アルコールによってもたらされた種々の身体的疾患・精神的疾患への治療も行われなければなりません。

 さらに、アルコールの問題について自ら自覚できるように支援を行っていくことが大変重要です。本人の問題認識と自覚がないと再びアルコールに手が伸びるようになってしまいます。そのため、自助グループや支援組織に参加することなども非常に効果的だといわれています。日本では「断酒会」と「AA(アルコホーリクス・アノニマス)」が活動を全国展開しています。

         

ストレスと心の病の関係

ストレスを原因とする心の病は決して珍しいものではありません。
全てが業務や職場におけるストレスに起因するものではありませんが、うつ病患者だけでも日本で五百万人いると推定されています。

関連エントリー

躁うつ病(双極性障害) うつ病・うつ病性障害 適応障害 パニック障害 バーンアウト症候群(燃え尽き症候群) アルコール依存症