うつ・うつ病に見られる症状と主な原因

メンタルヘルスとは? Top >  メンタルへルスマネジメント >  うつ・うつ病に見られる症状と主な原因

うつ・うつ病に見られる症状と主な原因

スポンサードリンク

■うつ病の症状とは
   うつ病の症状の多くは、大まかには以下の経過をたどるとされています。

   「おっくう」で「抑うつ気分」 ⇒ 「自身のなさ」 ⇒ 「考えがまとまらない」
    ⇒ 「やる気が出ない」   ⇒ 「何をしていいかわからない」 
    ⇒ 「もう自分はだめだ」  ⇒ 「死んだほうがいい」


■うつ病の兆候と経過

  『行動面での兆候について』

   上記の症状で触れているように、うつ病の最初の兆候は「おっくう」(何をするに
  しても「おっくう」と感じてしまう)です。この「おっくう」が続き、抑うつ状態に
  落ち込んでいくようならば、それは"うつ状態"であるといえます。

   この状態の時に、本人が仕事上で失敗をし、そのことを上司や周囲から指摘を受けると
  「自身のなさ」につながります。ここで注意すべきことは、当人が「抑うつ気分」である
  かどうか見極めることが重要です。上司が仕事に対して完璧を期そうという思いがあると、
  部下への指摘につながり当人を追い込んでしまう結果となります。

   次に「何をしていいかわからない」以降の段階になると、誰かに助けを求めなければ
  ならない(誰かが手を差し伸べなければならない)状態であり、当人へのサポートが絶対
  に必要となってきます。

   この段階で当人にみられる行動上の特徴としては、以下のものが挙げられます。

    ①遅刻が増える
    ②すぐに帰宅しないようになる
    ③定刻ですぐに帰宅するようになる

   ②は、家に帰っても気分が晴れないからです。これは、職場でルーティンの仕事をして
  いる方が気持ち的に楽であることが多いことによります。特に主婦層などは、家に帰ると
  ルーティンから外れる仕事がたくさんあります(子育てや調理等々)。

   一方、③については②の行動とは一見矛盾するようですが、これも危険な兆候とみなさ
  れます。現実逃避の1つのサインとして捉えるべきなのです。

   このように、早く帰宅するのも、また反対に遅く帰宅するのも日常生活の乱れの一種
  なのです。


  『体調面での兆候について』

   また、行動面での特徴以外に、体の変調の訴えが出てきます(頭痛・耳鳴り、風邪を
  ひきやすい、手足のしびれ・痛み)。この段階では、うつ病の入り口に立っていると認識
  しなければいけません。

   この段階で多くは通院に踏み切りますが、たいていの場合は内科を受診し、「特に異常
  なし」という診断をもらってくることになります。

   重要なのは、この段階で上司として精神科の受診を指示できるかどうかです。信頼できる
  精神科の医師を、上司として把握しておく必要があるといえるでしょう。心療内科の受診は
  手遅れになる場合があり、勇気を持って精神科の受診を勧めるべきです。

   心療内科は、あくまで内科であり診察対象は体の症状です。一方、精神科はその人の
  "こころの状態"を診ます。また同時に体の症状も診、2つの側面から当人を診察します。


■信頼できる精神科の医師とは
   信頼できる精神科医師の見分け方のポイントは、以下のとおりです。

    ①多剤投与していないかどうか。
      多剤投与は危険です。本人の訴えの全てに応じて、個々の症状を抑える薬を
     処方する医師は×。

    ②本来は単剤投与が基本(せいぜい2剤投与まで)。
      ターゲットを決めて(本質を見抜いて)取り組んでいるかが、薬の出し方で
     わかります。

    ③症状の改善がみられない時、3週間で薬を変えているかどうかも重要。
      したがって、1週間毎に薬を処方する先生は信頼がおけます。
      大抵の場合、薬の処方は2週間毎ということが多いのですが、本来は好ましく
     ありません(結果的に4週間服用し続けることになるため)。

         

メンタルへルスマネジメント

職場のメンタルヘルスマネジメントにおいて、管理職である上司が果たす役割には少なくないものがあります。本カテゴリ記事は、上司として部下の心の健康問題と向き合う際に、参考となるようまとめたものです。少しでも有益な情報となれば幸いです。

関連エントリー

職場のメンタルヘルスマネジメント うつ・うつ病に見られる症状と主な原因 感情障害(気分障害)とは うつ・うつ病の原因はストレス 「こころ」と「人間関係」 なぜ、いま"うつ""うつ病"が増えているのか うつ・うつ病の早期発見と早期介入 上司として部下の心の問題を捉えるためには うつ病の治療、職場復帰と再発防止